一次面接ってどう対策したらいいの?

就活

ここでは、一次面接を控える就活生向け採用担当者の視点から述べていきます。
面接突破に役立てば光栄です。

(2023年入社向け更新済)


一次面接の前提

一次面接に呼ばれるということは、ESの書類選考を合格したということです。

なお、ESの書き方については↓記事を是非ご覧下さい。


なので、ESの内容としては、すでに十分に評価を受けているということです。

逆に、どうしても一次面接に進めないということは、ESがその水準に達していないということです。



どういうことかというと、採用担当者の心情をイメージして頂ければよいのですが、企業はよっぽどヒマでなければ、どうでもいい学生の相手で、わざわざ面接の設定をしません

面接の設定は、面接官のスケジュール調整や場所の確保、必要書類の準備等、採用担当者にとっては、結構大変です。

採用担当者も短い期間に、事業部門の要望を満たす内定者の人数を確保しなければならないので、決してヒマを持て余してはいないのです。

仮に、ヒマな採用担当者がいるとすれば、余程のブラック企業で、そもそもの応募が少ないということでしょう。

営業としての面接

ここで、忙しい社会人の方に、時間を頂けるということに感謝して望むと、自然と評価されやすい雰囲気になります。
そして、それは↓記事で解説しているように、就活生はある種の営業パーソンだということに通じます。

採用は、企業にとって、大変大きな投資です。
自分という商品について説明を聞いて貰える時間を作って頂けた、面接はそういうチャンスの機会なのです。

飛び込み営業では、普通の企業は、基本的に相手にしません(門前払い)が、ちゃんとアポを取って営業面接)に伺うということは、ビジネスパーソンとして評価して貰えているということです。

一次面接の位置づけ

一次面接は会社によって位置付けが異なります。


大手では通常若手社員による面接です。

「リクルーター面談」などと呼ばれることもありますが、立派な面接選考であると言って良いです。


私が今いるような中小企業では、一次から課長レベルの役職者が出て来ます。
この場合は大手でいう二次面接に相当します。


この記事では、主に大手企業の一次面接(若手社員)を想定しています。

一次面接で問われる内容

ビジネスパーソンに必要な基礎

さて、大手の一般的な一次面接はどんなものかというと、コミュニケーション力や論理的思考力など、ビジネスパーソンに必要な基礎が出来ているかを確認します。

これまで繰り返し述べてきました「自己PR」「志望動機」「ガクチカ」をしっかり伝え、その中で深堀りされた質問に首尾一貫した論理で回答していきます。

ここで、

この人は優秀そう!

と思われたら、一次通過にぐっと近付きます。

一緒に働きたくなる

また、若手社員が面接官ですので、「後輩として一緒に働きたい」と思って貰うことも大切です。

若々しく爽やかかつ素直な印象を持って貰えれば強いです。

なお、「素直」は特に重要ですが、その気になればいくらでも演じられる要素です。

こんな後輩だったら教えやすい」という印象も良いです。

就活生自身、自分のサークルや部活、バイトで自分にとってかわいらしい後輩をイメージしてみるのも良いでしょう。

さりげない笑顔も好印象です。

逆質問

逆質問は、面接官の仕事内容に着目して聞いてみると良いでしょう。

就活生
就活生

先ほど○○さんは、△△の仕事に携わっているということでしたが、御社のホームページに載っていた××という商品のことですか?

■■という印象を持ったのですが、この認識で合ってますでしょうか?

などは即興で考えられる上、ちゃんと下調べをしていることもアピールできます。

誰しも、自分のことは話したくなるものですし、若手社員は、結構内情を語ってくれるものなので、面接を受けるだけで、その企業に対してさらに関心が高くなると思います。



以上、一次面接の概要について採用担当者の視点から考察しました。

就活を頑張る学生さんの参考になれば嬉しいです。

就活
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント