二次面接

就活

この記事では、どうしても二次面接が突破出来ない、もしくは、まだ二次に進んだことがない就活生を対象に採用担当者の視点から書いていきます。

一次面接との違い

二次面接と一次面接の最大の違いは、面接官です。
一次面接では若手社員だった面接官から二次面接ではさらに10〜20歳程年配の面接官が登場します。
当然役職も平社員や主任レベルから、課長レベルになって来ます。
主に、人事担当部門や営業部門等(理系では技術部門)の役職者です。
大手企業では年収も1000万円を超えてくる人たちです。
つまり、過去社内外で大勢の「人」を見てきた会社の精鋭陣が面接官になるのです。

評価のポイント

二次面接の面接官は、学生の気質やスキル、考え方を把握し、会社が求める人物像に適合しているかどうかを見極めようとします。
こういった内面を短時間で評価するには、ある程度の経験が必要ですから、若手社員による一次面接によって人数を絞った上で、二次面接では「人を見るプロ」によって見極めます。


いわば「企業とのマッチング」です。

一次面接は突破するけど、毎回二次で「お祈り」の人は、ロジカルシンキング等基礎力は問題無いけど、マッチングが弱いという可能性があります。

実は、答えは採用ホームページに書いてあります

どこの会社も「求める人物像」という項目があり、そこに必要としている人材がどんな人物なのかが分かります。

「そんなこと言ったって、どこも同じような内容だよ」

という声が聞こえてきそうですが、果たして本当に同じですか?

少しずつクセがある筈です。

採用ホームページ等、企業情報の中のクセと求める人物像のクセ。

これを読み取ってください。

例えば、ある企業では「構想力」「実行力」「倫理観」を挙げています。

これらを志望動機に合わせて表現するのです。

「構想」から「実行」は比較的簡単に説明できると思いますが、そこに「倫理」となると一気に幅が狭まりますね。

なかなか難しいですよね?

解決する方法としてオススメなのは、その会社の就活イベントに参加して、出席する若手社員に「倫理観」について質問するのです。

非常に参考になる意見が聴けると思います。

その上で、志望動機を作り直すのです。

こうして、実際に人と会い、学んだことを反映させていくことでマッチング度を上げていくことが有効です。

オジサン・オバサン受けを意識

また、面接官は貴方よりもかなり年上です。

付け焼き刃のような知識は簡単に見抜かれますので、下手に知識を持っているフリをするよりも、何も知らないけど素直で一生懸命な印象を与えるような回答を心掛けてください。

面接官は「かわいい学生だ。育て甲斐がありそうだ」と思ってくれます。

最後の逆質問でも、マッチングを意識した質問を用意しましょう。

「御社の〇〇に参加した際、△△部の××さんに伺ったのですが、御社の■■に関する展望はこういう理解でよろしいでしょうか?そして、私は過去**をしてきましたが、御社に入社した暁には続けて行くことは可能ですか?」などでしょうか。

これらが上手く作用すると、ついに最終面接への切符が届きます。

それについては次回述べたいと思います。

ここまで、就活の二次面接について採用担当者の目線で分析しました。

内定を目指す学生さんの参考になれば光栄です。

就活
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント