週休3日制を導入する企業の思惑とは?

人事関連情報

今回は、一部の会社で導入に乗り出している週休3日制の勤務形態について人事担当者の視点から考察します。

働く皆さんの、今後のキャリア形成を考える一助になれば光栄です。

前提=制度概要

週休3日制といっても、単純に毎週3日間の休みがあるという訳ではありません

これはどういう事なのか説明する為、比較として週休2日制から見ていきます。

厳密にいうと週休2日制とは、「1か月に2日の休みがある週が少なくとも1度ある制度」で、完全週休2日制といったら、「毎週2日間の休みがある制度」を指します。

この比較からいうと、週休3日制とは、「3日間の休みの週が少なくとも毎月1度あり、それ以外の週は1日以上の休みがある制度」です。

一方、完全週休3日制は、「毎週3日間の休みがある制度」ということです。

今回は、中途半端な週休3日制ではなく、一般的なイメージ通りの完全週休3日制について述べていきます。

通常週休2日制のところを、3日制にするとなると、もちろん週の勤務日数が5日から4日に減ります

労働時間が20%減ということ?

ところが、そこまで単純でもなく、各社考え方が違うので、大きく2つ(3つ)に類型して順に見ていきます。

労働時間2割削減型

労働時間を単純に2割減らすパターンも、2タイプに切り分けられます。

給料も減額型

まずは、労働時間の減少に応じて、同様に給料も減額するタイプです。

こういう企業は、副業も認める傾向が強いでしょう。

これからの社会で、勤め先におんぶにだっこではなく、自分で稼ぐ力を鍛えるよう促すのです。

企業からすれば、人件費を下げつつ、また雇用は守りつつ、従業員の自主性を尊重できるので、一石三鳥な訳です。

この制度を導入する場合、会社によっては、従業員全員対象だったり、希望者のみだったりします。

下の日経新聞の記事は、電機大手のパナソニックの対応についてのものです。

パナソニック、週休3日で狙う元祖週休2日企業の再改革
パナソニックが人を生かす経営で再び先進企業を目指す。このほど選択的週休3日制や転勤なしで自宅で勤務できる仕組みの導入方針を表明した。かつて日本の大企業として初めて完全週休2日制を導入した同社だが、近年は「先行する会社に学びを得ているところ」(楠見雄規社長)。遅れを取り戻し、再び人を引きつける先進企業に戻れるか。「グロー...

パナソニックでは、希望者のみのようです。

十分な人員を抱える超大手ならではの施策と言えます。

給料据え置き(超ホワイト)型

元々生産性の高いIT企業等の中には、給料は据え置きで、純粋に労働時間を削減するという超ホワイト企業もあります。

企業が、何故こんなに従業員ひいきな素晴らしい制度を導入するのかというと、仕事は優秀だけれども、ライフワークバランスを重視するタイプの人材を広く集めるためのものです。

週5は働けないけど、非常に優秀なスキルを持つフリーランス型の人材の従業員化です。

正に、働き方改革と言えます。

労働時間据え置き型

これに対して、労働時間は据え置き、単純に出勤日数を減らすという制度もあります。

↓のように厚生労働省も勧める制度です。

https://jsite.mhlw.go.jp/aichi-roudoukyoku/content/contents/000660817.pdf

これまで毎日8時間、週5日勤務だったものを、毎日10時間、週4日にするというものです。

どちらにしても週の労働時間は40時間で変わりません。

このタイプだと、労働時間はこれまで通り確保できるので、休みの日が多い方が良いという、やはりライフワークバランスを重視する従業員を確保できる方策です。

課題としては、一日の労働時間が長くなる分、就業時間中の従業員のモチベーションを維持することです。

残業が常態化していたような会社では、ひょっとしたら導入しやすいかもしれません。

週休3日制の企業で働くには

企業自らの改善

今後間違いなく、週休3日制を導入する企業は増えていきます

それぞれ、人件費の削減や優秀人材獲得という課題解決への対応です。

とはいえ、例えば私の今の勤め先(地方の中小企業)では、私がいくら推したところで、社長が縦に首を振るとは考えにくいです。

今のままで十分休みもあるし、人も採れている」という考えです。。。

こうなると、中小企業での導入は遅れ、やはり大手から徐々に国内に浸透していくことになりそうです。

転職

もともと、ライフワークバランスを重視する大手企業か、新進気鋭のIT企業に勤めていれば、やがて多くの企業が週休3日制を導入していくでしょう。

しかし、そうでないなら、自らそういった企業に転職しなければ、週休3日制の旨味を享受することは難しいでしょう。

今後、ライフワークバランスを見直そうと考えるなら、とりあえず転職エージェントに登録して、そういったホワイト企業への転職も模索してみてほしいです。

↓記事は転職エージェントの概要です。転職に関心があれば、是非ご覧ください。

ただし、提出書類や面接で、ライフワークバランスを前面に出すのはご法度です。

「こいつ、働く気があるのかな?」と思われてしまうからです。

こういった制度や福利厚生などを詳しく確認するのは、内定が出た後、条件を交渉する内定者面談などの場が良いです。




以上、働き方改革の一種、週休3日制について、人事担当者の視点から考察しました。

ライフワークバランスを考えるサラリーマンの参考になれば光栄です。

人事関連情報
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント