投資詐欺に騙されない為に

新社会人情報

西山ファーム事件

最近も大規模な詐欺案件がニュースで話題になりました。
西山ファームという会社の詐欺で被害総額はなんと計133億円、被害者は約1500名とのことです。

単純平均で一人当たり1000万円弱ですね。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

Yahooニュースより

内容を見ると有名タレントを広告塔に使って「桃園に100万円投資すると、1ヶ月後に103万円になって返ってくる」というものです。
これでいえば、月の利回りは3%ですので、年率で驚異の36%

凄いですね!

100万円を複利で回せば10年で2000万円を超えます!!


「投資したい!」と思いますか?





是非投資したい!!




って思ったら騙されますよ。笑

これは典型的・古典的な詐欺の手口ポンジスキームと呼ばれるものです。

大変な時代を生きる新社会人の参考になるよう解説します。

ポンジスキーム

ポンジスキームは、チャールズ・ポンジという100年前のアメリカで活躍した詐欺師が世に広めた詐欺の手口です。


やり方としては単純で、例えばまず5人の出資者から100万円ずつ集めます。
計500万円ですね。
そして、配当として、1ヶ月後に3万円ずつ払います。
5人なので配当の合計は15万円ですね。
実際には全く儲かってなくて、集めた100万円から3万円取り崩しているだけです。
なので、500万円から15万円減って残額は485万円に減っています。


しかしながら、投資した側からすれば配当として3万円増えて戻ってきたように感じます。
この5人は、凄い投資先を見つけたと思って、さらに100万円を増資したり、親しい友人や家族に教えて、芋づる式に投資する人・額が増えていきます


気付いたときにはかなり大勢の人が投資していますが、現実には全く増えていないので、いつかは配当が払えなくなって破綻するのです。


ポンジスキームは、ざっくりとはこういった仕組みで、多くの詐欺がポンジスキームを改良・発展させたものだといいます。

もう一度聞きますが、こんなものに投資したいですか?

実態が分かれば誰も投資したくないですよね。
しかしながら、プロの詐欺師は実態を顧客(カモ)には悟られないよう、巧みに隠しています。
最近では、Webサイトなども、いかにも本物っぽく作られていますので、パッと見で詐欺サイトとは分からないです。

現代はクラウドワークスなどを使えば、安く綺麗なWebサイトが簡単に外注できてしまうのですから。

今回の事件は有名なタレントを使ってるのが巧みですね。
そのタレントはこれが詐欺だと知っていたのかどうかは分かりませんが、プロの詐欺師に利用されたのは間違いないでしょう。

上手い話

最初からこういう、いわゆる「上手い話」「美味しい話」に手を出さないのが庶民の生きる知恵だと思います。
残念ながら、基本的に私たち一般人には上手い話は転がってきません
元々お金持ちで、ゴミと本物の資産を見分けることが出来る人にしかそういった短期で儲かる情報は行かないのです。

となれば、銀行預金でお金を守るしか庶民の手立てはないのでしょうか?

そんなことはなく、より信頼性の高い投資商品で長期的に運用することをおすすめします。

下の記事ではそういったものを紹介していますので、是非一度ご覧ください!

世界最高の投資家の遺言

例えば、米国のS&P500という株式指標がありますが利回りは、年7%ほどと言われます。
ここ30年は9%程になっていますが、それはたまたま成績が良かっただけだと多少悲観的に見ます。
年率7%でも、かなり優れた利回りなのです。

別記事でも触れていますが、米バークシャー・ハザウェイ社を率いる世界最高の投資家と名高いウォーレン・バフェット氏の投資成績は過去50年間の平均リターンが、19.4%とのことです。

逆に言うと、世界一の投資家が年率約20%ということは、それを超えているとしたら、99.9%嘘と言ってもいいでしょう。
氏は、「自分が死んだら現金財産の90%をS&P500連動ETFを買うように」と自らの妻に言ったというのは投資家の間では有名な話です。
バークシャー・ハザウェイには超優秀なファンドマネージャーがたくさんいるというのに。。。

多くのプロのファンドマネージャーがS&P500といった優れた株価インデックスに連動する投資信託の成績を超えることができないと言います。
年収2000〜3000万円の、いやそれ以上稼ぐような、数字に強いスーパーエリートでもインデックスにはなかなか勝てないのです。

短期では

もちろん、短期的には年率20%を超える投資商品はたくさんあります
最近流行りの仮想通貨などもタイミング良く(運良く)エントリーすれば、10倍や100倍、ひょっとしたら1000倍も夢ではないかもしれません。
しかし、それは投資というより投機(ギャンブル)で、大切な資産の大部分を投入するのはリスクが高過ぎます。
参加するのであれば、投資資産の1〜3%に抑えるべきでしょう。



以上のように、高度化する詐欺は、実は世の中にはたくさんあります。
そういった魑魅魍魎に寄付するのではなく、本当に信頼出来る商品で資産運用していくことを強く推奨します。

短期的に大勝ちは出来ませんが、急がば回れだと私は考えます。

若い社会人の参考になれば光栄です。

新社会人情報
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント