地方就職のすすめ

就活

大手の内定が出揃い、7月上旬の大手就職ナビの調査でも、8割の就活生が既に内定を取得していることが分かります。
例年通りであれば、8月上旬には内定率が9割前後に伸びるでしょう。
2022年の就活は既にピークアウトしたということです。


しかしながら、地方の中小企業などは、まだまだこれからなのです。
今回は地方勤めの私の感覚で、地方就職をPR出来ればと思います。

まだ内定が無くて焦っている方もおられると思いますが、視点を変えて地方を目指してはいかがでしょうか?

また、今の内定先に納得がいかない方も、地方での就活をした上で結論を出しても遅くはないでしょう。

地方就職の現状

地方の企業では、ちょうど今、真夏の時期に採用活動がピークを迎えます
多くは、都会の大手企業に決まらなかった学生や公務員試験の脱落者を見据えて、そもそもこの時期に効率よく採用活動を進めます。
大手と同じ時期に活動して、内定を出したところで、大手から内定が出ればそっちに行ってしまうのが通例だからです。
大手の練習台という位置づけになってしまうのです。
そもそも、地方の学生の就活スタートは遅く、大手の採用がクローズしてから、リクナビやマイナビにエントリーし始める学生も少なくありません。

地方のメリット

それでは代表的な地方のメリットを見ていきます。

意外な優良中小企業の存在

地方だからといって、ダメな企業ばかりな訳ではありません。
企業として存続しているからには、何かしら世の中のニーズを商品・サービス化して、経営しています。
都会ではハローワークの求人は酷いブラック企業しかなかったりするのですが、地方では採用活動が確立されておらず、昔ながらのハローワークを使っての採用しかしていない場合があります。隠れた優良企業が地元のハローワークにしか求人を出していないことも少なくないので、ハローワークのホームページを見るという手間も発生しますが、苦労の末見つけた優良企業というのは嬉しいものです。

一度検索してみてください。

ハローワークインターネットサービス - 仕事をお探しの方へのサービスのご案内

ちなみに、近年少しずつ就職ナビを使い始めてもいるので、じっくり見ていくと良いでしょう。

家賃の安さ

地方だからといって、何でもかんでも安く買えるのかといえば、決してそういう訳ではありません
スーパーで食材を買ったりすると分かりますが、都会と大きくは変わりません。
物によっては都会の方が安い場合も十分あります。

とはいえ、とにかく家賃が安いです。

駅から徒歩10分の1LDK、50㎡で家賃50,000円(共益費、保証料込)などは探せばたくさんあります。
東京なら2倍は取られる価格帯です。

飲食店のコスパが高い

飲食店もコスパが高いです。

チェーン店やラーメン屋などは都会と変わりませんが、安くて美味しい店は都会よりも多いです。

田舎の100円均一でない(全国チェーンでない)回転寿司は、東京の回らない寿司屋より美味しいというのはよくあります。

もちろん東京で一人単価10,000円を超える店になると同水準ですが、2倍以上の価格差が出てきます。

地方のデメリット

もちろん、メリットばかりではなく、デメリットもしっかり見ていきましょう。

娯楽が少ない

都会に比べるとやはり娯楽は少ないです。

地元のオジサンたちは週末にパチンコに入り浸るという残念な面もありますが、自然が近いので、アウトドアな趣味を始めるのには最適です。

とはいえ、最近はYouTubeやネットフリックスもあるので、そこまでの不便さは感じないと思います。

交通が不便

家賃の安さの反面、交通の便が悪い点は否めません。

三大都市圏のように少し歩けば駅があるといった環境ではありません

車が無いと生活に支障をきたすということもあります。
しかしながら、地方でも政令指定都市くらいの規模だと、電車やバス路線が発達しており、車がなくても通勤は出来ます。
週末遊びで使う程度ならレンタカーで十分です。

就職先によってはどうしても車がないと通えない場合もありますが、その場合は中古車を買いましょう。
日本の中古車は安く、品質が高いです。
私の見てきた開発途上国では日本の中古車が20万キロ以上走っても現役です。

ガリバーフリマなどでかなり安価でちゃんとした中古車は買えるので、試して頂ければと思います。

逆に多くの車種の新車は、少し乗るだけで値段が暴落するものなので、余りおすすめ出来る買い物とはいえません。

情報が少ない・遅い

都会に比べて、ネット以外の情報は少ないです。

私のいる新潟県では、テレビ東京の放送を直接見ることが出来ません。

オフラインのセミナーなども、都会が多いです。

この辺りの情報の真新しさはやはり弱いと言わざるを得ません。




以上、地方就職について、地方で働く人事担当者の視点から考察しました。

良い点だけでなく、やはり不便な面もありますが、住めば都ですので、是非飛び込んでみてほしいと思います。

なお、地方就職に強いエージェントの筆頭としてヒューレックスさんを紹介させて頂きます。

新潟県でも優良案件豊富なエージェントです。

就活で、次のステップに踏み出す方の参考になれば光栄です。

就活
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント