英語スキルを身につけるメリットとデメリット

新社会人情報

今回は英語スキル転職や、社内での異動における価値(強み、メリット)とデメリットについて、人事採用担当者の視点から考察します。

デメリットの解消方法もまじえて、(今更)英語を勉強する意味について疑問を持っている若手社員の参考になれば光栄です。

メリット

国際関連業務の必須スキル

いまだに、英語が使えるだけでも、国際業務のアドバンテージはあります。
これだけ国際化が進んだ日本でも、英語が話せる人材はまだまだ少ないのです。

英語スキルだけで差別化できるという訳です。


学校の英語教育は少しずつ改善されているとはいえ、その影響が目に見えるようになるにはまだまだ時間がかかるでしょう。


また、グーグル翻訳などの翻訳ツールも、年々進歩しているとはいえ、人間の通訳並みの水準になるまでにはしばらくの猶予がありそうです。


そうなると、キャリア相談の現場等でよく言われる「本来は英語力は業務ツールでしかなく、仕事が日本語で出来ることが前提」とされつつも、仕事が大して出来なくても英語が話せるだけの人材」にも一定の市場価値があるということになります。


もちろん、仕事が出来て、英語も出来るという人材はさらに高く評価されます。
輸出入などの貿易事務には、そういった人材が必要なのです。

社内での異動時に考慮

会社にもよりますが、海外関連の部門に異動させるなら、やはり英語の素養がある者を優先しがちです。


英語が出来なくても仕事はできます


しかし、いざ外国にいる外国人とのコミュニケーションとなると、英語は出来た方が間違いなく仕事がスムーズです。
国際関連部門で人の需要があったとき、英語が出来る者と出来ない者とで比べたら、高確率で出来る方を選びます。

英語力があれば、希望する部門に異動出来る可能性が上がるのです。

転職に有利

ここまで見てきたように、各社の国際部門では英語スキルのある人材の需要は常にあります。
社内での調達が出来なければ当然外部から探します。

つまり転職者です。
英語が出来るだけでも転職の裾野が広がります

転職について考えるなら、転職エージェントに相談する(無料)のが第一だと思います。

「今すぐ転職!」という訳ではなくても、今後のキャリアを考える上で大切なステップとなります。

転職エージェントに関する概要は↓記事でまとめてあります。

デメリット

時間がかかる

業務で使える程の英語力(ビジネスレベル)を身に着けようとすると、一朝一夕で実現するものではありません。

英語の素養が多少なりにも備わっていれば良いですが、ほとんどの人は大学の一般教養の講義で触ってから、一切勉強してないというのも無理はないでしょう。

日本では英語が無くても困らずに生活できますからね。

そうなると、集中的にある程度の時間を掛けて勉強しなければいけません。

お金ががかる

英語学習も、人によっては独学で十分かもしれません。


しかし、そういう人は少なく、多くの日本人は英会話教室に通うなどする必要があります。
これがかなり高額なのです。


会社によっては、補助金を出してくれることもあるかもしれません。
私が新卒で入った会社では駅前留学のベルリッツ半額が会社負担だったので通いましたが、そうでなければ流石に全額自分で払おうとは思えませんでした

ベルリッツの受講料金 | ベルリッツ
ベルリッツなら、あなたに合ったレッスン・料金プランが見つかります。回数やペースをカスタマイズして、ベルリッツ・クオリティを現実的な費用で体験してみませんか。

デメリット解消方法

これらのデメリットを解消する為の方策として、オンライン英会話教室があります。

駅前留学だと非常に高額な1対1が標準です。

さらに、そこまで高くない月額(6,000~8,000円程度)で、無制限に英語が学べるのです。

もちろん、Face to Faceが1番良いのですが、昨今のコロナ禍で、オンラインでも十分にコミュニケーションが取れ、業務でさえ円滑に進められることが世に知れ渡りました。
もちろん、英会話も同様です。

私の妻も実践して、基礎的な英語を身に着けたネイティブキャンプ有用性が高いです。


教材も独自に用意されており、講師もそれに沿って、各個人のレベルに合わせて教えてくれます。
世界中にいる講師とオンラインで繋がっているため、どの時間でも対応可能です。
とはいえ、フィリピン人の講師が多いようですので、日本の深夜だと講師数は若干少なくなります。





以上、社会人としての英語スキルの価値について人事担当者の視点から考察しました。
英語力を身につけ、是非ともキャリア形成の一助としてくださいね。 

新社会人情報
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント