新卒一括採用が重視される理由

就活

就活生の皆さん、この「新卒一括採用」って変だと思いませんか?

みんな同じ格好してるし、気持ち悪い。。。

そんな意見もあろうかと思います。

今回は「新卒」という状態の特殊性について考察し、一括採用の本質採用担当者の目線で述べていきます。
その中から、会社・組織の考え方を汲み取って貰えればと思います。
しつこく繰り返しますが、就活において会社側の意図を知ることは、目標と対策をより明確にするので、内定に近づく大事なステップとなります。

新卒とは、大学や大学院を卒業(修了)した時点で会社に入社することですね。
卒業してしまうと、「既卒」となり、全く違う扱いになります。
就職先が見つからずに卒業してしまうと既卒になるため、それを避けるためにあえて留年する人がいますが、十分合理的な選択と言えます。

一括採用は、例えば3年生の3月から説明会等具体的な活動が始まり、6月に選考開始、10月に内定式、翌4月1日入社という流れです。

2023年入社向け更新済)

企業側のニーズ

マスコミなどではたびたび批判されますが、何故このような仕組みが何十年も続いているのでしょうか?

それは、企業(ある程度の規模以上)側のニーズに合致しているからです。

大きく二点あるので、それぞれ考察します。

まっさらな状態の新卒は教育(洗脳)しやすい

新卒を雇う企業側のメリットは、「(正直に言って)何も分からない白紙の状態」の学生は自分たちの会社のカラー(社風)に染めやすいのです。
他社の色がついていないので、独特な社風を馴染ませやすいのです。


会社の常識は社会の非常識」とも言われますが、言い得て妙です。
私自身、何社か転職を経験したのでよく分かりますが、個々の会社は外からは分からない独自の文化がありがちです。
一社だけに留まる人は、自社内部のことしか知らないので、自分が入社後に知った専門的なことを、まるで世間一般の常識のように思ってしまうことも多々あります。
それだけ社風は会社の個性を反映させますので、新卒は教育(ある意味で洗脳)しやすいということです。

費用対効果

大手企業は採用活動にかなりの金額を投資しています。
皆さんが利用している●●ナビなどは、学生側は無料ですが、当然無料で運営出来るはずもなく、企業側は結構な料金を払って利用しています。(年間で何十万円から何百万円という単位です)
合同説明会なども、一部の行政主催のもの以外は有料です。(1日の出展で数十万円
カッコいいPowerPointの会社説明プレゼン資料も、採用パンフレットもお金がかかっています。
採用担当者のあちこちへの出張費も、面接にくる応募者の交通費も、内々定後の集合イベントも全てお金がかかります。
一説には、新卒の新入社員を一人採用するのに、1年間で平均500万円ほどかかると言われています。


さらに、大手の企業では配属前に社会人の基礎を教え込む集合研修に数ヶ月を要します。
当然、この間にも給料が支払われるのです。


そうなると、分散された採用活動ではコスト面で非効率ということになります。


ちなみに、転職では、そんなわけにも行かず、都度対応にならざるを得ません。

それならば、せめて同時に何十人、何百人と採用する新卒時なら、同じスケジュールでないと困るのです。

就活生の装い

皆同じようなリクルートスーツを着て、同じようなバッグを持ち、同じような髪型をしますが、それにも意味があります。
(これもよくマスコミにディスられますが、、、)


あれは、ちゃんと型にハマれるかを見ているのです。
何十年と続き、大きな売上を作り、しっかり利益を計上する大手企業は、ある程度仕組みが出来上がっているので、突飛な人材はそこまで求められません

極論ですが、ある程度以上の大学を出て、一般常識を有し、人並みの容姿で、そこそこのコミュニケーション能力があれば十分なのです。(もちろんその中でしっかり選りすぐりますが)
後は自社でいくらでも教育できます。

とはいえ、似たような人材ばかりなのも困りものなので、リスクヘッジとして、若干名は「キャラ採用」もありますが、基本的にはそんな人材ばかりは求められていません。
実際には、業務の中で一部の従業員の能力が開花して、非凡な従業員に化けることが往々にしてあることを企業は知っているのです。
大きな成果を挙げて、役員になるような優秀人材も、最初から優秀で目立っていた訳ではないということが往々にしてあります。

おまけ

みんなと同じ格好をするのがどうしても嫌なら、服装等が完全に自由な会社に行くのも良いと思います。
しかし、多くは中小企業で、経営者の考え方を強く反映しているために、自由な服装を選んでいるのです。
もちろん、そういう会社は玉石混淆で、かなりのホワイト企業もあればブラック企業もしっかり紛れ込んでいるので、見分ける目が必要です。


以上、新卒一括採用について、採用担当者の視点から書いてみました。

不思議な就活に悩む学生さんの参考になれば光栄です。

就活
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント