採用担当者が考える既卒の一発逆転

就活

この記事では、就活における既卒生の評価と、既卒生が就活を成功させる手法を採用担当者の視点から考察します。

既卒とは

最終学歴の学校(基本的に大学や大学院)を卒業したまま、正規雇用を経験していない人材をいいます。

明確な定義はありませんが、卒業後1、2年までを指します。
逆は新卒です。


正直に言って、大学の授業料が払えるのなら、留年して、新卒のままのほうが良いです。
よく言いますが、いまだに日本では、新卒は最強のカードです。
大学生は通常全員が新卒なので、既卒になってしまうと、それだけで最強カードを紛失した状況で新卒の人たちと勝負しなければならないので、一気に就活の難易度が上がってしまうのです。

既卒の減点理由

何故ここまで新卒と違うかというと、いまだに色濃く残る古き良き日本の大手企業の新卒一括採用という日本の雇用体系に端を発します。

過去記事でも解説しましたが、日本では、新卒一括採用によってバランスを取っている雇用環境が強く、新卒が非常に重要視されます。

新卒一括採用に関しては下の記事も是非ご覧ください。

ですから、単純に新卒でないということで、既卒は大きく減点されてしまうのです。

一発逆転方法

それでは、既卒になってしまったら、もうどうしようもないのかと言えば、決してそんなことはありません。

今は、どこの業界も人が足りておらず、新卒とは違う形での就活は問題なく出来ます

それが、若手専門のエージェントを介した就活です。

いくつか紹介していきます。

就職Shop(リクルート)

リクルートの若手向けに絞ったサービス。

求人数や、利用履歴はトップクラス!

関東や関西には店舗もあります。

最大手のリクルートには死角がありませんね!


ウズキャリ既卒

飛ぶ鳥を落とす勢いのウズウズ

高い内定率に定評があり、ひょっとしたらウザいと感じるくらいにサポート体制が厚いサービス。笑



まとめ

どんどんと、就活のステージが増えており、一昔前に比べて既卒の方にも逆転のチャンスが与えられるようになって来ました。

若い人の人口(絶対数)は中高年に比べて少ないので、今後もこの傾向が強まると思います。

なるべく、新卒カードを大切にしつつ、様々な事情で既卒になってしまった方も、やり方次第で大きなチャンスに挑戦できます。

新しいサービスを上手に活用して、良い就活をして頂ければ幸いです。

就活
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント