最初から人事職で入社って出来るの?

就活

今回は、先日Twitterでの学生さんの投稿で気になったテーマを取り上げます。

人事職種に憧れる就活生の参考になれば光栄です。

人事職への配属

就活生
就活生

新卒で入社して、最初から希望通り人事に配属されることってあるんですか?

この質問に回答します。

結論から言うと、

田舎人事
田舎人事

そういった事例はあります
ただし、(メーカーや商社のようなメンバーシップ型雇用の)事業会社で、人事職を志望する学生を採用し、希望通り人事に配属するのはレアケース(難しい)です。
どうしてもそういった会社の人事職に就きたいのなら、まずは人材紹介会社含めて人事を事業として運営している会社に入って数年人事に関する実務経験を積んでから、転職するのが正攻法だと思います。


ひょっとしたら厳しい現実に思えるかもしれませんが、人事・採用担当者の視点から解説していきます。

ちなみに、スタートアップ外資など、ジョブ型雇用の企業なら、最初から人事職も十分に可能性があります!

ジョブ型を本記事では想定せず、メンバーシップ型を前提に述べていきます。

ジョブ型・メンバーシップ型の雇用体系については↓の記事で解説していますので、良かったら一度ご覧ください。

何故事業会社で新卒人事がレアケースなの?

この疑問を解説していきます。

企業側の需要と新入社員の要望の乖離

志望動機→採用→配属、この関連性の難しさが本質的な壁になるのです。

どういうことかというと、就活生で人事部のあるような大手企業に入社する場合、多くは人事異動を伴う総合職での採用となります。
こういった企業はメンバーシップ型の雇用をしており、ジョブ型雇用の企業以外では、自分でやりたい職種を選ぶことが出来ないのです。


また、特定の企業の人事職への志望動機を作ることがそもそも難しいのです。
人事職種を志望する動機は作れるかもしれませんが、別にある事業を展開する特定の企業でなくてもいい訳です。
大手企業の人事部は、どこも同じようにほぼほぼ完成された組織になっており、(残念ながら)新卒の新入社員なら誰が入ってもそこまで大きな影響はありません。
差別化出来るような人材自体かなりレアケースという訳です。

想定される(レア)ケース

そんな中で特定の会社で、新卒で人事職採用をするとしたら以下のようなケースでしょうか。

ある人事領域の強化を求めている大手のメーカーがあり、その会社の人事部長にとっては早急に解決したい課題になっています。
一度、転職者を採用してみても、根本的な解決には至りませんでした
ところが、応募してきた学生が英国の大学で、その分野について2年間研究し、修士号での修了見込です。
面接でも、正に会社の課題とマッチした研究をしていたことが分かりました。

こんなドンピシャな応募者であれば人事職で大手事業会社の内定も獲得できると思いますが、かなりのレアケースでしょう。

一般的な志望動機・配属と私の経験

通常は、事務系総合職の内定であれば、その会社の商品・サービスと自らの経験を結び付けて差別化しやすい営業職志望の志望動機が作りやすく、多くの就活生がそうしていると思います。

田舎人事の希望(当時)と実際の配属(ガチャ)

かくいう私も、輸出志望でメーカーに入社しました。
残念ながらというか、結果的には適正配置をしてくれたのだと信じていますが、工場の人事・総務部門に配属され、さらに数年の経験の後、最初の異動では大卒採用メインの人事総務部門への異動でした。

この辺は正直ガチャという訳です。笑

ちなみに、私は工場時代ずっと輸出部門への異動希望を出していましたが、私の異動希望先には十分な人員がおり、英語力も当時の私には、既存の従業員と比べれば見劣りするスキルしかなかったのです。

逆に私の実際の異動先(再び人事・総務部門)は、前任者が既に管理職で、その方が昇格し転属先で役職に就くための異動でした。
その方の後任としての抜擢(穴埋め)だったので、栄転といえば栄転でした。
ある程度人事・総務が分かる即戦力を求められての異動ということでした。

少々自慢?が混じってしまいましたが、配属や転属というのはこういうものです。
希望が通る訳ではないのです。

配属先の決め方については、こちら↓の記事で解説していますので、是非ご覧ください。

入りたい会社に入社したとしても、就きたい職種に就ける訳ではないのです。

転職での逆転


どうしても人事職を希望するのであれば、まずは人事系の事業を営むサービス企業(転職エージェントや人事システムSaaSなど)に入社して数年の経験を積んでから、事業会社の人事職種に応募(転職)する方が確率が高いと思います。

転職活動では、メンバーシップ型雇用の古い企業であっても、即戦力を前提にしているので、人事系の経験を持った人材であれば採用されます。

新卒で企業に入ると、基本的には配属時のガチャが待っているので、人事を志望するなら、人事に関わるガチャを目指せばよいのです。

私などは当初輸出部門を志望していましたが、今では完全にジョブ型の人事・総務人材です。



配属する側の人事担当者としては、新入社員の方にはガチャに身を委ねてほしいとも考えてしまいます。笑

私は結果として、配属のガチャによって人事職種キャリア形成が出来たのですから。




以上、Twitterで見かけた「新卒で入社して、最初から希望通り人事に配属されることってあるんですか?」という、就活生の質問に自らの経験をまじえて人事・採用担当者の視点から解説しました。

人事職を志す就活生の参考になれば光栄です。

就活
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント