インターンシップって何?

就活

今回は主に大学3年生の夏以降に行われるインターンシップについて、経験談を混じえ、採用担当者の視点から考察します。
インターンシップに行くかどうか考えている方、行くことを決め、行き先の企業も決まっている方の参考になれば光栄です。

概要

インターンシップとは、簡単に言えば就業体験です。
有給の物も無給のものもあります。
就業体験というと、子どもの遊ぶ『キッザニア』を思い浮かべるかもしれませんが、あちらはかなりアトラクションの要素が強いと思います(有料ですし)が、それよりもずっと現実に近いものです。
学生が企業などで実際に業務の一部を行ったり、単に訪問し、グループワークをしたりする就業体験です。

名目上は学生の就業体験を支援する企業の取り組みですが、現実的にはもっと企業側・学生側の思惑が交錯する戦場です。

タイプ別のインターンシップ

それでは具体的にインターンシップがどんなものなのかを3つに類型して見ていきます。

体験型

簡単な業務を体験するものです。
実際に伝票の打ち込み等の事務をしたり、会議や打ち合わせに参加して、一部仕事のお手伝いをしたりするものもあります。
多くは数日、長くて1~2週間程度であり、かなりざっくりした業務体験です。
正直、業務としての内容はかなり薄いです。
部外者に見せられるラインが会社によって異なりますが、重要なことは大して分からないと思います。

通常、学生に社外秘は出せないからです。
会社によりけりですが、有給の場合もありますが、無給のケースの方が多いと思います。


大半のインターンシップは体験型と次のグループワーク型です。

グループワーク型

グループ別に何かしらのテーマを与えられて、議論・作業の末、結論を導き出すものです。
発表があるものがほとんどです。
しかしながら、グループワーク型で結論を発表しても、それが会社に影響を及ぼす可能性はかなり低いです。
それは何故かというと、正直に言ってグループワーク型は、就活(選考)の前哨戦であり、発表の内容自体を企業が評価するのではなく、その過程を評価するためです。
通常、無給です。

就労型

数日間等短いものではなく、ある程度の期間(2週間以上)で行われます。
実際に社外秘にも多く触れますし、業務体験としてはかなり大きいものがあります。
通常有給です。
インターンシップとしては長いですが、就労としては当然短いので、業務を割り振るのは難しく、インターンシップとしては少ないタイプです。

メリットとデメリット

続いて、企業と学生両者のメリットとデメリットを見ていきます。

企業側のメリット

青田買い(早い段階での選考)

まずはなんといっても青田買いです。
読んで字の如く、田んぼが青いうちに買っておくのです。

企業はもちろん、「これは選考ではありません」と取ってつけたように言いますが、当然選考の要素が強いです。

↓の記事で深く触れましたので良かったら読んでみてください。


何のためにインターンシップを開催するのかと言えば、優秀な人材が他社に決まる前に自社で囲い込むためです。


優秀な学生は大手企業に複数内定します。
そういった人材には、早めに企業からアプローチしておきたいのです。
インターンシップが終わってすぐ内々定を出してしまうケースも現実にはあります。
会社によってはインターンシップで高い成績を出さないと本選考に進めないパターンもあります。

安い労働力

後で触れますが、中小企業の場合、インターンシップは安くて(無料の)良質な労働力と考えていることもあります。
これは、学生からすれば問題外なのですが、実際にそういった事案もあります。

企業側のデメリット

情報漏えいのリスク

これが最大のデメリットです。

基本的には秘密保持契約書に署名させたり、情報漏えいには最大限気を遣いますが、SNSなどが発達した現代ではやはり一部は漏えいします。

学生側のメリット

青田買い(早い段階での選考)

企業側と同様、早めに選考して貰えるのは大きいです。

公表されている就活解禁は、一応4年生の6月ということにはなっていますが、早めに就活を始めれば、その分早く終了出来る可能性が高まるので、5月までには最低でも1社以上内々定がある状況を作りやすくなります。

インターンシップに参加しない学生などに比べると大きくリード出来ます。

本選考での加点

また、第一志望の会社があるのなら、インターンシップに参加しておくことはそれだけで本選考での加点になり得ります

採用担当者の視点からいうと、もちろん採用基準を満たした水準であることが条件ですが、同じようなハイレベルな2人の応募者で、どちらかに内々定を出すかで悩んだとすれば、内々定を辞退しない方に出したいです。

インターンシップに参加した上で面接を受けているということは、かなり会社に対して関心が高いと推察されます。

こういった学生に内々定を出すというのが人間の心理と言えます。

実際に企業内部に近接できる

就活を通しての利点として、実際に会社の内部に入って、様々な話を聴けるのは素晴らしい経験です。

社会人の転職活動ではなかなかそうもいきませんので。

インターンシップは、それをさらに深められるので、非常に良い経験になるでしょう。

そして、就活では、ネタが重要です。

就活で苦労するESづくりの際、志望動機等を作りやすくなるのは間違いなくインターンシップのメリットです。

ESの書き方は下記の記事をチェックしてみてください。

夏休みが有効活用できる

大学3年生は、就活の大詰めです。

バイトや旅行(2020~2021年はコロナで難しいですが)を楽しむよりも、就活にアドバンテージを作れるインターンシップ2か月ほどある大学生の夏休みでは絶好の機会です。

学生側のデメリット

時間がかかる

大手企業のインターンシップは、それ自体が本選考の前哨戦であり、応募も殺到します。

志望度の高いインターンシップに参加するには、それなりの対策が必要ですし、何とか潜り込んだ場合も、それ自体結構な時間がかかります。

とはいえ、学生として大変良い経験にも、就活での加点にもなるので、デメリットとはいえ、補って余りあるメリットが得られるでしょう。

私のインターンシップ体験談

私は地方の国公立大学の中では、今でいうところの「意識高い系」の学生だったので、大学2年の夏に、地元企業のインターンシップに参加しました

とはいえ、2年生のインターンシップを受け入れてくれる会社は20年も前の地方では少なく、地元の中小企業に1週間(5日間)行くことになりました。

これが、正直酷い会社でした。

当然無給でしたし、エアコンも付いていない倉庫の掃除や、全く就労体験と呼べないような雑務をさせられました。

上で述べたようにインターンシップを無料の労働力としか考えていない会社でした。

若手社員も毎晩夜遅くまでサービス残業をしており、人間が働く環境とは思えないものでした。

この経験で、「新卒で訳の分からない中小企業に入ってしまったら人生棒に振る」と強く感じたので、新卒での就活は周りよりもかなりコミットメントして取り組んだため、日経225の大手メーカーに入社することが出来たんだと思います。

これを読む学生さんには、上記のようなインターンシップはして欲しくないので、しっかり準備をして、マトモな会社で有益な活動をして頂きたいと思います。



以上、 インターンシップについて、経験談を混じえ、メリット・デメリットなどを採用担当者の視点から考察しました。
インターンシップを検討中の学生さんや、行き先の企業も決まっている学生さんの参考になれば光栄です。

就活
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント