面接の長さ(時間)

転職

今回は転職活動における面接の長さについて、採用担当者の視点から話していきます。

良い面接:1時間程度

これが結論であり基本です。
では具体的に述べていきます。

何故1時間か?

以前触れましたが、転職の面接で確実に押さえるべき(回答を準備すべき)項目はある程度決まっています。

面接での質問は現職(前職)の内容、志望動機、何故転職するのか、といったメインで求職者に聴いてみたいことがありますが、途中深堀りするなどしていくと、それだけで30分くらいはすぐに経ってしまいます。


その他、はじめのアイスブレイクや自己紹介、趣味や大学時代のサークル活動など一般的な確認項目もあり、逆質問の面接官からの回答も、ある程度の時間を要すので、予定通り進んでいく面接であれば1時間も気付けば過ぎてしまいます。

面接官からすれば、時間をかけて本性を暴きたいところですが、そこまで時間的な余裕もありませんし、求職者を長時間拘束することも出来ませんので、1時間程度で終わるのが一般的です。

20〜30分で終わる面接と対策

短い時間で終了してしまう面接は、通常お見送り(不採用)ということです。
長い時間をかける価値のある応募者と思えなかったという訳です。

稀に短い面接で合格を出す場合がありますが、重要な面接選考を軽視しているのでちょっと(ブラックかどうか)怪しい会社な気がします。

中途採用の面接をするような地位にある、本来忙しい方が、面接の時間を設定するということは、応募書類としては問題無かった(書類選考は合格)訳なので、早く面接が終わってしまうということは、面接の中で何かしら問題があったと考えた方が良いでしょう。

なので、「呼んでおいて短い面接で終わらせるなんて失礼な会社だ!」と憤るのではなく、何が問題だったのかをじっくり反省するチャンスです。

応募書類は悪くなかったのであれば、面接内容を精査すれば他社で十分内定につながる状況です。

話が冗長ではなかったか、論理性に欠ける内ではなかったか、失礼な言動は無かったか、などが考慮すべき修正点です。




以上、転職活動における面接時間の長さについて、採用担当者目線で考察しました。

面接に臨む転職希望者の参考になれば光栄です。

転職
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント