リゾートバイトのメリットとデメリット

雑記

今回は、学生さんや社会人の大人の夏休みの一貫として、リゾートバイトのメリットとデメリットをお伝えします。

私自身、日本の北アルプスの山岳リゾートホテルで3ヶ月ほど住み込みアルバイトをしたことがあり、自らの体験をベースにします。



メリット

まずはメリットの方から見ていきます。

働く土地が素晴らしい

ワーキングホリデーも同様ですが、多くの人がお金を払って行く場所で、お金を稼ぎながら過ごせるのは大きな魅力です。
沖縄の離島など紺碧の海の見えるホテルや、私も経験した夏でも涼しい高原ホテルで星空も近い美しい空気の下で働くのも良いです。
休憩時間や休日は観光地を無料で楽しめちゃうのです!
私の働いたホテルでは週2日の休みがありました。
2連休を貰えば、ホテルの従業員ルームで管理していた私物のテントを背負って、近くの山々をトレッキング出来た
ので、最高の環境でした。

こんな絶景に徒歩10分で出会えます!

ガッツリ稼げる

基本的に住み込みなので、家賃や食費がかかりません
私がいたホテルは料理長が達人だったので、無料のまかないもビックリする程美味しかったです!
そこでは日給8,500円(8時間固定で残業代別)で、生活費が酒代くらいしかかからなかったので、毎月15万円くらいは貯めることが出来ました
割とちゃんとしたホテルだったので社会保険にもちゃっかり加入していましたが、その辺は会社次第ですね。

出会いがある

これは、基本的に出会う人が全員初対面ですから、その人次第ですね。

ただ、数打てば当たるというか、色んな人と繋がれるのは良いことです。

ちなみに、傷心で来ている若い女性もチラホラ見かけました。笑



デメリット

良い面ばかりではなく、もちろん不便なところもあります。

簡単には帰れない

メリットと裏返しでもありますが、困ったときにもすぐに帰れる場所でなく、なかなかの僻地であることが多いです。

なので、滞在期間中は、じっくりその土地に溶け込む方が良いでしょう。

個室が無い

施設にもよりますが、多くのリゾートバイトでは住み込みバイトに個室を与えることは少ないです。
大部屋に二段ベッドが一つか二つというのが通常ですので、いびきがうるさい人などもいます

変わった人が多い

当然、このような季節労働なので、気難しい人や日本人とは思えない程時間にルーズな人もチラホラいます。
これは、雇う側も雇われる側も両方にいえます。
また、相部屋が多いので、ある程度のコミュニケーション力は求められます。 

独立独歩で仕事以外同僚と全くコミュニケーション取らない人や、カップルで来ていてケンカして回りに迷惑をかける人なんかも。。。

とはいえまぁ、どんな仕事でも変な人にはぶつかりますので、気にしてたら働けないですね。笑



リゾートバイトの探し方

いくつか便利なサイトがありますので、登録して働いてみたい観光地を検索してみると良いです。

紹介数が多いのはリゾバ.comです。

どんなものか覗いてみるとビックリする様々な施設の仕事があります。

どちらかというと女性向きなのがアルファリゾートです。

温泉旅館の仲居さんの仕事などに定評があります。

山小屋や山岳リゾートに焦点を絞るならインクノットも面白いです。

私のバイト先はインクノットで見つけました!

山小屋アルバイトインクノット – 山小屋情報・山小屋アルバイト情報サイト
山小屋情報・山小屋アルバイト情報サイト




以上、今回はリゾートバイトという選択しを体験を基に紹介しました。

しばらく、綺麗なところでゆっくり気分転換しながらお金を稼ぎたいという方の参考になれば光栄です。

雑記
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント