海外旅行って今行けるの?

雑記

しばらく諸事情につき、更新が止まっていました

内容は大したことではありませんが、落ち着いたら記事で解説します。

今後も無理なく情報発信していきます。


さて、いまだにマスクを手放せない日本で生活していると分かりにくいものですが、世界はコロナ前に着々と戻りつつあります

戻るというよりwithコロナと表現した方が適切でしょうか?

今回は、リベンジ消費的に2年半ぶりの(比較的)自由な海外旅行に行くチャンスが広がっていることを解説します。

世界との「温度差」

日本ではまた、BA5型オミクロン株が流行ってるとマスメディアが騒ぎ続けていますが、世界的には「コロナはもう過去の話」になりつつあります。

日本ではいまだに、インバウンド(外国人)の観光客はほとんど見かけません


中国では、たびたび習近平国家主席が何らかの意図を持ってロックダウンしているので、共産主義国ならではのイベントとして捉えればよいです。


ヨーロッパなどではマスク不要の国も増えています。
日本では、猛暑の中マスクをつけてジョギングしている特異な光景を稀に目撃しますが、日本人としても異常に感じるこの姿は、海外からすれば宗教か何かのように感じるでしょう。


日本帰国時の状況

帰国後何日も隔離されるなら、簡単に海外旅行にも行けないよ~

という声が聞こえてきそうですが、この辺も最近は随分と緩和されています。

帰国時には原則的に5日間の隔離が求められますが、帰国後(隔離)3日目以降に認可された検査機関での検査で陰性証明が出来れば、その時点で隔離措置が解かれます。

外務省 海外安全ホームページ
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。

実は今年の6月以降、帰国後(隔離)3日目以降に認可された検査機関での検査で陰性証明で、事実上3日間の隔離で終わるようになっており、かなり帰国時の不便が緩和されています。


なお、私がベトナムから帰国した2020年の9月には、帰国後2週間の隔離でしたので。

各国の入国状況

外務省のHPがほぼ全世界を網羅していますが、少し分かりにくいので、各国の受け入れ状況は、事前によく確認した方が良いです。

頻繁に変更されますので。

基本的にはワクチン2回以上打ち、現地の検査で陰性であれば、動き回ってよいというものの他、この8月からはフランスなどでは一切の渡航制限を撤廃しています。

外務省 海外安全ホームページ
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。

国によってかなり考え方が異なるので、その辺は国柄が見事に反映されます。

私がコロナで帰国したベトナムも、既に渡航制限を事実上無くしています

ベトナムへの入国を希望する日本人の皆さまへ

物価

資源高もあり、どこの国も基本的には、コロナ前よりも物価が上がっているようです。
さらに、昨今の円安もあり、私たち日本に住む日本人には、かなり割高感が拭えない時期だと思います。



とはいえ、物価高も円安もしばらくは続くことが見込まれる世界経済を考えると、解消を待っていてはいつまで経っても行きたい国には行けません

多少の割高でも、行ったモン勝ちだと思います。


現地のホテル等も、2年間低迷した売上を取り戻そうと必死です。

となれば、値段を下げないところもあれば、思いっきり値下げして数を稼ぐところもあります。

オススメの予約サイト等

以下に、様々な旅行用の準備に必要な航空券や、wifiなどの予約サイトをまとめましたので、ご参考までに。


航空券検索は旅工房がオススメ!

使いやすいです!



ヨーロッパ行で比較的安く、とはいえある程度の快適さを求めるなら、カタール航空はかなり便利です!




「ツアーで気楽に」を求めるなら断然JTBでしょう!

カナダでは現地の旅行会社で働きましたが、JTBの添乗員・ガイドはやはり優秀でした!



海外で使えるwifiはグルーバルwifiが安くて便利です。


ホテル予約はやっぱりBooking.comです!

Booking.com: The largest selection of hotels, homes, and vacation rentals
Whether you’re looking for hotels, homes, or vacation rentals, you’ll always find the guaranteed best price. Browse our 2,563,380 accommodations in over 85,000 ...


以上、徐々に世界の鎖国が終わりつつある状況をまとめました。

日本の独特な状況を諸外国との比べ、今後どのように立ち振る舞うべきなのかを考察しました。

リベンジ消費で海外旅行に出掛ける方の参考になれば光栄です。

雑記
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント