面接など実際に就活生に会う前に、何を基準に評価するの?

就活

選考ではありません」の記事でも触れましたが、30分~1時間面接で、人の内面など本当の個性が見抜けると思いますか?

答えは、当然、否、無理です。

今回は、選考とはどこまでの範囲なのかを採用担当者の視点から考察し、実際に企業を訪問したり、イベント等で面接官や採用担当者に会う前に出来ることを解説します。

就活生の皆さんの参考になれば光栄です。


何のための選考?

冒頭の話題に戻りますが、面接官は、ただのオジサン、オバサンでエスパーではありません

人事担当者がこんな発言をすると怒られるかもしれませんが、人の内面を素早く見抜けるような超能力があるなら、企業でサラリーマンなどせず、何らかの方法で巨万の富を築いてとっくに引退しているでしょう。笑



少し脱線しますが、例えば私は人事の仕事をしています。
割と、人の気持ち・感情には気付ける方だとは思っていますが、それに関連して大きな勘違いをした経験があります。
以前の会社で、いつもニコニコしていて、非常に温和な部門長がいました。

仕事も丁寧で、「プロフェッショナル」といえる方でした。

私を含め、同じ人事部門の同僚も「素晴らしい人」だと一目を置いていました


しかし、実は上長にはいつもゴマすりをして、部下には見えないところで怒鳴りつける、典型的なハラスメント野郎だったのです。


私が人事の仕事をしているから、あえて擦り寄ってきていただけで、実は部下みんなから嫌われている、とんでもない人物だと、その人の部下からこっそり教えられて驚愕したものです。



ゴマすりの上手な人は、自分の上司等キーパーソンには決して自分がゴマすりタイプであることを気付かせません




このように、人はすぐには分からないものです。

特に、一緒に仕事をするとなると、かなり個々人の個性が浮き出てきますので、一緒に働いてないと分からないのです。


なので、企業の採用活動においては、様々な観点から応募者を「選考」するのです。

また、なるべく大勢の社員の目でチェックします。

では、具体的に選考の中身を見ていきます。

今回は主に面接の前の書類選考に関わる内容です。


現実に会う(面接等)前に選考可能な内容

主にES履歴書に記載される内容(いわゆるスペック)です。
細かく説明しなくても、これらの内容だけである程度評価(選考)され、面接に呼ばれやすくなるでしょう。

大学名(偏差値)

これは学歴フィルターの記事でも取り扱いました。

ざっくり言えば、ある一定以上の規模の大手有名企業であれば確実に学歴フィルターを設定していると思って良いです。

学歴に自信がないのであれば高望みをしない方が無難かもしれません。

受けるだけ無駄になる可能性が高いからです。

TOEICのスコアや、国家資格など

商社やメーカーの事務系総合職であればTOEICなど(IELTSTOEFLのスコアが基準を満たしていないと、足切りされてしまう可能性もあります。

英語スキルについては下記事で解説しました。


経理職なら日商簿記2級がボーダーになることもあります。


その他の資格はそこまで多くは見られていません
正直言って、参考程度でしかないことがほとんどです。

資格・免許の欄に、運転免許しか記載のない学生が大半であって、特に気にしないものです。
逆に、妙な資格や検定があれば、面接のネタとしてアピールすることもできるかも知れませんが、免許や資格で合否を

部活やサークルの所属と成績

部活、特に体育会に所属している場合は、高確率で古き良き日本企業ではプラスの評価を受けます。
大学まで行って部活動に所属する学生は、組織の中でどう振る舞えばよいのかを、若くして理解している可能性が高いからです。


逆にクリエイティブな業界ではそこまでの評価にはなりません


サークル活動などは、活動内容にもよりますが、基本的にはプラスマイナスゼロでしょう。
ただし、大学で単位習得上必須のゼミなどを除いて、何の団体にも所属しておらず、さらに、アルバイト経験すら無いとなると、コミュニケーション力に疑問符が付くかもしれません

就職活動を考えると、学生時代に何かしらの団体に所属していることは重要なスペックになり得ります。

アルバイト経験

アルバイト経験もある程度プラスに評価されるものもあります。

居酒屋などの飲食店(接客)一定期間(例えば、2年)以上経験している場合は、コミュニケーション力とテキパキとした対応力を持っていると評価されるので、比較的良い経験と思われやすいです。

正社員として働くのはブラックの可能性が高い職種ですが、学生バイトとしてはコスパが高いと言えます。

逆に、倉庫や、食品工場などで黙々と作業するアルバイトは、社員並みに現場の改善をしていたり、10名程度のリーダー(シフト管理やノルマ対応)であったりといった経験がないと、コミュニケーション力が低いと考えられる可能性があります。


年齢

年齢も大事な要素です。

新卒なのに年齢が高いとマイナス評価になり得ります。

一般的には、浪人や留年などで+3歳以上は、マイナス評価になることが多いです。(もちろん、他のスペックや経験で帳消しに出来る場合もあります)

学部卒なら卒業時22歳がストレートで、大学院修了(院卒)なら24歳です。

院卒27歳がギリギリ許容されるラインということです。


何故年齢で差別するのかというと、年齢が進むと会社の色に染めにくくなり、新卒で採用する価値が下がるからです。

この辺りは、新卒一括採用についての記事で解説しました。

容姿

容姿ももちろん重要です。

イケメン美女はそれだけで、かなりの下駄を履かせて貰えるのが一般的です。

営業でも、人事でも、技術職であっても、容姿が良い人が職場にいてマイナスになることは少ないのです。(お局様の嫉妬などはありえますが)

とはいえ、容姿が極端に悪くなければ(10段階評価で2~3程度以上なら)、プラスマイナスゼロに持って行くことも、多少のプラスにすることも出来ます。

男性は、髭を剃り髪を整え、身体に合う若々しいスーツや靴を身に纏えばよいです。

女性なら爽やかめのメイクを研究してください。


応募書類の文字

これも結構重要です。

「頑張った感を出しやすい」要素でもあります。

字が汚くても、ちゃんと下書きをして清書すれば大丈夫です。

是非、綺麗な字が書けるペンを購入してみてください。


オープンになっているSNSの投稿内容など

厳しく見る大手企業は、SNSを閲覧する可能性があります。

余り極端な表現は消すか修正しておいた方が良いかもしれません。


フォロワーが1万人を超えるなど、世間から認知・評価されている場合は、少し話が別です。

IT関連などの企業は、それだけでプラスに評価してくれる可能性が高いですが、古い日本企業では、投稿内容によっては選考対象から排除する可能性もあります。

人事側正直なところを言うと、共産党(左翼)系の活動が垣間見えると、まず不採用です。

もちろん右翼団体もNGです。


ES(エントリーシート)の文章

ESの具体的な戦術は↓記事で解説しています。

まだ形が決まっていない方は是非参考にして頂ければと思います。



以上のような情報から実際に会わなくても、ある程度の個性が掴めます

これらは、全てが選考項目と言えます。


例えば、ある総合商社の応募者が、最難関私立大学の経済学部所属、TOEICスコア860、日商簿記2級、体育会野球部の幹部居酒屋アルバイト2年半継続中21歳(現役)イケメンといった非常に高スペックな就活生であれば、すぐにでも面接に呼んでみたくなるでしょう。



以上、面接前(書類選考)における就活生の選考内容について採用担当者の視点から考察しました。

面接含むオフラインでの選考は↓記事を是非ご覧ください!

就活を頑張る学生の皆さんの参考になれば光栄です。

就活
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント