海外転職(現地採用)の必須スキル2選

海外転職

ここでは、海外転職する際に必要なスキルについて、自らベトナムで海外転職した経験があり、現地では人材採用を担当していた筆者の視点から述べていきます。

海外で働くなんて、全くそんなことを考えもしなかった方や、もう日本が嫌になったという方、海外で自分の実力を試し、向上させたいという方の参考になればと思います。

2つの必須スキル

日本人が海外で働くには、基本的に2つのスキルが求められます。
そう、2つだけで良いのです!
順に見ていきましょう。

英語力

これはまぁ当然だと思います。
TOEICスコアなども分かりやすいのですが、基本的には面接の一部または全部が英語で行われますので、一通りの英語力は必須です。

英語での面接官を実際に外国人応募者相手に行っていたので分かりますが、2~3つ英語で質問して回答を聴いていると、大体どの程度の英語力なのかはすぐに分かります

ところで、国や会社によって、どの程度のレベルが求められるのかが異なります。

例えば、私は東南アジアでの転職をしましたが、日本人でもネイティブ並のスキルを求める会社から、日常生活レベルまでで良い会社まで様々です。
私はビジネス中級くらいのスキルなので、日系企業の現地法人で現地採用される水準としては十分でしたし、採用担当者としても求職者(日本を含む様々な国籍の人)にはそのくらいのレベルを求めていました。


ちなみに、会社によっては現地人で日本語ペラペラの通訳が複数名いるので、語学力不問という求人も少ないですが存在します。
とはいえ、通訳なしだと全く仕事が進まないのは困るので、現地で少なからず英語力の向上が求められます。

英語力向上の手段

英語力に自信がない方は、ネイティブキャンプがオススメです!
1ヶ月6,000円程でオンラインでの個別指導受け放題です。
私の妻も、全く話せないところから、ある程度意思疎通が出来るようになりました

日本での業務経験

意外かもしれませんが、日本人のスキルとしては日本での業務経験が求められるのです。
日本で、ある程度の業務経験があるということは、日系企業はもちろん、外国人からも高く評価されます。
報道などでは、日本企業の生産性の低さを批判されますが、少なくても途上国では日本の働き方は決して極端に生産性が低いわけではなく、従業員を管理し、企業を運営する上で重要な在り方として考えられています。

そして、私の働いたベトナムの場合、就労許可証の発給条件に3年以上の経験が明記されており、その証明(在職証明書や退職証明書)を持って「専門家」の就労許可が下ります。

転職活動の記事でも触れましたが、「3年」というのは大きな境界だということがお分かり頂けたと思います。

まとめ

以上より、海外転職を志すのなら、ある程度の英語力日本での3年以上の就労経験があれば、応募条件が揃うというわけです。

そういう意味では、海外転職は、意外な程敷居が低いのではないでしょうか?

是非多くの方に貴重な経験をして、スキルアップしていって頂きたいと思います。

海外転職を考え始めた方の参考になれば光栄です。 

海外転職
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント