企業内特殊熟練

転職

今回は、世界の中で見る日本企業の大変独特な特徴を人事担当者の視点から考察します。

転職を検討する際の手がかりにもなる考え方なので、自分のキャリアを考える多くの方の参考になれば光栄です。

企業内特殊熟練とは

企業内特殊熟練は、日本的な雇用形態であるメンバーシップ型終身雇用の中で戦後浸透してきたもので、人事・人的資源管理の専門用語の一つです。

メンバーシップ型の雇用については企業内特殊熟練も絡めて下記の記事で触れましたので、良かったらご覧ください!


「企業内特殊熟練」は、読んで字の如く、ある企業の中に特化した熟練です。

例えば、「このことは、あの人に聞けば間違いない」とか、「この仕事をするならあの人に教わってから」といった風に長く働いている人に聞かないと分からない状態は、企業内特殊熟練の典型です。

非常に残念なのは、こういった方は、「自分がいないとこの会社は回らない、自分は優秀だ」と思い込んでいる点です。


企業内特殊熟練の人たちが大きく勘違いしているのは、ちょっと上司などから強く当たられると、「それなら他所の会社に行く!俺ならどこの会社でも通用する!」とか言っちゃうところです。

しかし、残念ながらこういう人の受入先はほとんどありません。
あったとしても、大きく年収がダウンするのが通例です。

知識や経験が所属先企業の中ではある程度の価値があるのですが、そんな特殊な熟練技能には汎用性がなく、他社ではほとんど役に立たないのです。

何故このような人がいるのか

これは、日本的なメンバーシップ型雇用の弊害の一つです。
総合職の正規雇用従業員であれば数年したら、別の部門に異動となります。
ジェネラリスト志向の日本企業は、(特に事務・文系では)社内の様々な職種を転々とさせ、社内では幅広いスキルと経験を持った人材に育つのですが、それでは社外では通用しないのです。


これまでの終身雇用ではこれで良かったのだと思います。
一度入社したら定年まで勤めるのですから。


しかしながら、転職が当たり前になれば、新卒で入った最初の会社でしか働けないような人材に価値はないのです。
企業側としては、せっかく育てた優秀な人材が流出しては困るという考えもあったと思います。
意図的に企業内特殊熟練に導いていた会社もあるでしょう。

今後の流れ

高い経済成長が見込めた平成初期までの日本ではそれでよかったのでしょう。

しかしながら、市場が成熟し、人口も減少を辿るこれからの日本社会では、汎用性の高いスキルを従業員に付けさせる方が良いという流れに少しずつ変わっていくでしょう。

貴重な人材を飼い殺す意味合いが薄れてきたためです。

今後は様々な人材を受け入れられる働きやすい会社に優秀な人材が集まってくるのです。
そういう意味では、世の中の働き方改革の流れに乗って、給料含めた従業員の待遇が厚く、年間休日が多く、有給休暇は完全消化が基本で、残業が少ないか、残業があってもサービス残業が無い、ハラスメントの無い、ホワイト企業にこそ、より優秀な人材が集まることになります。

企業内特殊熟練にならないために

上で何度か述べましたが、自らが企業内特殊熟練としてキャリアの選択肢を失わないためには、汎用性の高いスキル・業務遂行能力を身につけることが大切です。
独自の仕事をして、自分しか分からないような仕事をするのは以ての外です。
そうではなく、自分がいなくても回るように業務を組み立て、感覚ではなく数値で分かるように構築し、次に誰が来ても大丈夫なようにしておく


こういった姿勢で業務に望んでいれば、転職時にも困りません。

汎用性のあるビジネスパーソンになれているからです。

もちろん、最初に入った会社が自分に合っていれば、無理に転職する必要はありません。

しかしながら、汎用性のあるスキルがあることに越したことはありませんので、自分が「特殊化」していないかどうか、自分なりに検討してみることが大切です。

とはいえ、自分を客観視することはなかなか難しいものです。

そんなときはプロに相談してみるのが良いです。

転職エージェントに登録し、話を聴いてみることもできます。

完全無料で相談に乗ってくれるのが転職エージェントなので、現時点で転職の意志が無くても、相談してみると、今後の自分のキャリアを考える良い機会にはなるでしょう。

エージェントにとっても、情報交換が出来るだけでもメリットがあるので、遠慮は要りません。

転職エージェントに関しては、下記の記事で解説しました。



以上、日本企業特有な企業内特殊熟練について人事担当者目線で考察しました。

キャリアを見直すきっかけや、スキルの棚卸しの機会となれば幸いです。

転職
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント