在職期間って重要なんですか?

転職

今日は悩めるサラリーマンが転職を考えるに当たって、考えておくべきことについて人事担当者の目線から述べていきます。

転職を考え始めた方に読んで頂ければと思います。

在職期間は十分か


現職の在職期間は転職時にどう評価されるか。

これはかなり重要な話です。
基本的にはよくいわれる話ですが「3年」がボーダーです。

3年以下なら少し立ち止まって欲しいし、3年以上経っていれば、機を見て準備を始めてよいと思います。


この3年というのは、割と国際的な感覚としても認知されています。
試しに、国際機関(国連など)の応募要項等を見てみると分かります。

外務省 国際機関人事センター: 空席情報

例外=第二新卒

後に触れるブラック企業勤務中という当然在職期間を無視すべき事態の他に例外を挙げるなら、第二新卒がそれでしょう。

これは別記事でも触れますが、若い間一度だけ許される新卒に次ぐチャンスですから、新卒入社先が気に入らない場合はチャレンジしても良いと思います。

何故3年か

これもよく語られているものではありますが、業務にも因りますが、多くの業務は1年単位で回ります。

1年目は内容を把握しながら進めることになるので、多くの場合は前例踏襲になります。

もちろん一部では改善も出来ますが。

2年目は1年目の反省を受けての改善、いわば自分なりの色を仕事に残す段階です。

3年目は、さらに拡大し、場合によっては後輩や後任に引き継ぐところまでできます。

こういった流れを考えると、3年でようやく一人前になれるということです。

特に若いうちは仕事を覚えて、アウトプットを出すので精一杯です。

このように、3年の経験があるということは業務としてもある程度こなすことが出来る担保と言えます。

危険な誘い(胡散臭いネット記事)


一部のブログなどでは、「在職期間に縛られず今すぐ転職しよう」などと煽っています。

それも一つの見方なのかもしれません。

しかしながら、実際に短期離職の経験をした上で転職活動をしたことがあり、さらに長く採用業務をしている上で、在職期間が短いことは不利だというのは実感としても分かります。

これは、自分が採用をする立場になることをイメージすれば分かると思います。

1年や2年で辞める(た)実績のある人間が自社で長く働いてくれると思いますか?
もちろん、応募書類や面接では短期離職について尤もに思えそうな理由を云います。

とはいえ、事実として短期離職であることは変えられません。


他に良い候補がいなければ仕方ありませんが、普通は短期で辞めてる人を優先して採用しようとは思いません。
実績としてすぐに辞めている人材を採って、結局自社でも辞められたら、その採用担当者や上司の責任になるのです。


煽っているサイトは、転職サイトへの誘導目的(アフィリエイト収入目的)ではないでしょうか?
そういったサイトの広告収入は結構高いからです。

そんなものには惑わされず、無難に3年は継続しないと、高確率で損をすることになります。

ブラック企業とホワイト企業の求める人材のギャップ


転職者の採用では、ホワイト企業程、その人が長く働いてくれることを求めています。

そんなに頻繁に出たり入ったりされては困るのです。

採用も・教育も大きなコストなのです。


ブラック企業は基本的には使い捨てなので、とりあえずたくさん採って、たまたま生き残った者に過重労働を強いて生き長らえている組織なので、最初は誰でもいいのです。

両者には採用における考え方に天と地ほどの差があります。

3年経っていないけどどうしても辞めたい場合

とはいえ、現職が漆黒のブラック企業であれば、話は別です。

罵声が日常茶飯事であり、自爆営業が当然の風潮であり、人の出入りが激しい。

そんな会社には長居は無用というか、明日にでもバックレたほうが良いです。


この場合、短期離職になってしまうのはもはや、やむを得ないと言えます。

(もちろん転職活動ではしっかり足枷になる職歴です)
そんな会社に入ってしまったのは自分の判断ミスであることは素直に認めましょう。

そして、ブラック企業に心身を破壊されてしまう前に一刻も早く脱出すべきです。

ただし、次の転職では二度とブラックに入らないよう細心の注意を払いましょう。






以上、転職を考える上で非常に重要な在職期間について見てきました。

転職を考え始めたサラリーマンの参考になれば光栄です。

転職
シェアする
田舎人事をフォローする
田舎人事

「田舎人事」です。
略歴は、
地元駅弁→大手企業人事担当者→バックパッカー→海外転職(人事マネージャー)→コロナで地元に帰って中小企業の人事担当者
「人事」に関する様々な情報を扱うページとして作っていきます。
よろしくお願いいたします。

田舎人事をフォローする
田舎人事.com

コメント